ポイントで防止しよう

お洒落な部屋のインテリア

木材利用ポイントの使い方

森林資源は使いすぎると、地球温暖化の原因となってしまいますが、適切な整備をしないと良くありません。なぜかというと、間伐材の伐採が行われないことで新たな木が植えられず、病害虫の発生、土砂崩れ、CO2の吸収力の低下等を招いてしまうからです。また、木材の消費が減ることで地域の林業の衰退も招いてしまいます。木材利用ポイントとは、それらの弊害を防止して、適切な木材の利用を促進するために設けられたポイント制度です。発行された木材利用ポイントは、農林水産商品や一般の商品券と交換することができます。ポイントを入手するには、対象となる工事や製品の工事をした場合に、申請する必要があります。そうして得られた木材利用ポイントを、交換したい商品に引き換えることが可能です。

ポイント制度は活況を見せている

木材利用ポイントは、その対象となる工事や製品の購入は期間が終了しています。まだその結果は発表されていませんが、一定の木材需要は見込めたと言えるでしょう。なぜなら、似たようなものにエコポイントがありましたが、それは家電の買い替え需要を大きく喚起したためです。近年、特定の消費を促す政策として、ポイント制度の導入や減税措置をとることが良く行われます。このような措置がとられる理由は、費用面という目に見える形で消費者にメリットを提示できるからです。地球環境に良いと言っても価格が高ければ、消費者は購入を控えます。しかし、商品やサービスが対象外の物より安ければ、費用を節約することができるため、消費者にとって大きな魅力となります。そのためポイント制度はよく採用され、利用者にとっても人気となるわけです。